本文へスキップ

.

TEL. 099-298-1150

〒890-0069 鹿児島市南郡元22番11号

粉末茶    ナチュラルライフが楽しめます。

              

          

「活生きニーム」使い方いろいろ 私の使い方 

 (個人的な使い方の紹介です。 体質に合わない場合はご使用をお控えください。)

アイディア次第でナチュラルライフが楽しめます。

  【健康茶として】 
        活生きニーム茶
   
【お料理やお菓子作りに】
 
チョコ・ココア・抹茶や緑茶と相性のいい「活生きニーム粉末茶」を微量ブレンド。ちょっぴビター&超ヘルシーな大人のお菓子の出来上がり。また、岩塩やハーブに微量混ぜ、ハーブ塩として天ぷらをいただく時やドレッシング作りに利用します。
例)ケーキ・アイスクリーム・生チョコを作る時など。また、プリンのカラメルの仕上げ、カレーの隠し味。手作りソーセージのスパイスの一部として利用しています。
 
【お肌のお手入れやリンス】
 
インドあたりでは、ニーム葉を煎じて産湯にしたり、入浴に使用したりしています。ニームリーフエキスのお肌や髪に対する優しさ・有効性は広く知られています。
・お風呂に「活生きニーム乾燥葉」を入れて入浴しています。
・活生きニーム茶や活生きニーム乾燥葉液(お湯に浸した液、または沸かしたもの)気になる個所に塗っています。エキスの濃さはお肌の様子をみながら調整しています。乾燥肌やかゆみのある所に塗ったり、虫除けや日焼け後のお手入れに使っています。
・オリーブ油・ホホバオイルに活生きニーム粉末茶を微量混ぜたりして手やかかとのケアに使ったりしています。
シャンプー終わりのすすぎにニーム茶を入れたりもします。
いずれの場合も気分次第でバラなどさまざまな精油を垂らして楽しんでいます。(お肌に合わない場合はご使用をお控えください。)

●携帯用ニームスプレーボトルorボトル
ニーム茶を小さなスプレーボトルに入れて持ち歩いています。化粧水の前に使ったり、肌の乾燥防止・虫除け・かゆみなどに気軽に使っています。

    
【うがい用】
ニームの活性成分は、のどの不調を和らげてくれるといわれています。活生きニーム茶や活生きニーム粉末茶をのどの不調時や風邪予防・日頃のうがい用として利用しています。

【お口のお手入れ用・歯磨きとして】
 
ニームは歯磨きの樹としても知られています。

・活生きニーム粉末茶をそのまま、または塩とブレンドして歯茎のマッサージ。粉末歯磨として使ったりしています。歯茎が引き締まりお客様からも様々な嬉しいお声がよせられています。しかし、市販の歯磨きのようなスッキリ感はないので市販の歯磨きにニーム粉末を乗せて使用したりもします。
気分により使い方を変えています。
   
【手作りコスメの材料として】
 
●手作り石けんの材料として
石けんはオイルの良さが石けんの良しあしが決まるといわれており、自分好みのオイルとニーム粉末を配合してグレードの高い完全無添加の素朴なマイ石けんを楽しんでいます。

●手作りケアクリーム
シアバターとホホバオイルとニーム粉末を少々とバラやラベンダーなどの精油少々混ぜて小さな容器に入れ使っています。(季節にもよりますが防腐剤なしなので早めに使い切るようにしています)

活生きニーム乾燥葉・使い方例はこちらへ
 


 活生きニームは、あなたの健康と美容をサポートします。


    

                   
          このページの先頭へ

                                       

opyright©2014 Neemkagoshima all rights reserved.