<2020年4月8日>

タイトル:サダオ(Neem)と「しんぞうちゃん」


先日、宮崎のお客様から嬉しいお電話を頂きました。

以前、ニーム茶を1箱ご購入頂いた際、タイに文化交流と教育の一環として1-2ケ月程行かれると話しておられたK様。

帰国されたものの、コロナの件で、東京に2週間待機との事ですが、タイでとても嬉しい事があったので電話しましたとの事。

K様は、タイにニーム茶を健康維持と感染予防にも良さそうと持参され、連日飲んでおられたそうですが、なくなってしまい、もっと買っておけば良かったと後悔しつつ、現地の方に事情を説明したそうです。
すると、サダオというお茶がとてもいいからと持ってきてくれたそうです。

飲んだら「にが~。」 ニーム茶そっくり。 んっ???

なんとそれは、ニーム茶。 タイではサダオと呼ばれ、日本では「インドセンダン」と呼ばれているNeemでした。

タイの方は、サダオ(ニーム)の事をとても良くご存じで、驚き、とても嬉しくなりましたとの事。
体調も良く、これからも愛飲したいとの嬉しいお声でした。

健幸料理研究家(野菜ソムリエ&雑穀エキスパート)の青澤直子さんが、タイでのニームの花芽や葉を食用としてきた事などを書かれておられるページを見つけました。



その翌日、ニーム製品を求めて、あるご夫妻がお越しになりました。

ご主人様は、日本人、奥様はマレーシアご出身の美しい方でした。

コロナ騒ぎで、マレーシアも出入国禁止になり、帰国出来なくなった方々が、本国から持参したニーム茶が(日常的に愛飲)なくなったので とても不安になり、日本でなんとかニーム茶を入手できないかとご夫妻を頼られてこられるとのことで、探され、わざわざ「ニームかごしま」にまとめ買いにお越しくださったとの事でした。

ご主人様は、ホテル経営をされておられる方で、4ケ国語を話され海外生活経験の豊富な方。

奥様は、なんとマレーシアの王族の方でした。びっくり! どうりで、物腰が上品で素敵な方でした。

マレーシアでも日常的にニームが使い続けられていて、奥様も大変気に入っておられるとの事。

とてもうれしい生のお声でした。
海外では、薬草としてニームが生活全般に使い続けられていると実感した出来事でした。

それと、車で同伴していたワンちゃんが、おっとりしていてとってもキュート

犬種はホワイトシェパード。 めちゃくちゃ可愛らしい「しんぞうちゃん」は、2歳で42キロ。

しんぞうちゃんは、自分自身をワンちゃんとは思っていないようにお見受けしました。(笑)

なでなでさせて頂き、とても嬉しい、楽しいひと時をありがとうございました。
(実は、もっと遊びたかった私・・・)

         






アメーバーブログの「にむにむ日記」はこちらです。👇
https://ameblo.jp/neem-kago

「ニーム茶」で、活生き健康になった家族の日常を
気ままにつづっております。