本文へスキップ



活生きニーム乾燥葉  5g×12包

厚生労働省は2006年5月、ニームは「人の健康を損なうおそれのないことが明らかであるもの」
(厚生労働省告示第四百九十八号)として安全性を認めています。

  地球にやさしい
環境保全型資材(多用途)
入浴時に浴槽に入れてもOK

ニームの多目的な用途を実感してください。
ニームかごしまの「活生きニーム乾燥葉」は食品として認可を得たものですので安心してお使いになれます。

原材料は活生きニーム茶と同じ厳選されたニームですが、飲用の際は、焙煎・気流式殺菌済み、製法にこだわった「活生きニーム茶・生姜入り・粉末茶・カプセル」をお勧めしています。
 


(5g×12包)1000円(税込)
                            

活生きニーム乾燥葉の使い方

            

厚生労働省は2006年5月、ニームは「人の健康を損なうおそれのないことが明らかであるもの」(厚生労働省告示第四百九十八号)として安全性を認めています。
 【ニームの安全性と害虫忌避効果と有効性】
ニームは皮膚に優しくまた、ニーム茶としての健康分野だけでなく、有機農業用またガーデニング用の害虫忌避剤・土壌改良剤としてその効果が広く世界各地で認められています。
約200種類以上の害虫に効果があると言われています。また、人間や動物などの哺乳類・鳥や益虫に無害といわれています。(農業でのニーム活用はこちら
また、文献によりますとアーユルヴェーダで用いられるもっとも身体の中から綺麗にしてくれるハーブといわれる他に、ほとんどの炎症性皮膚疾患や粘膜の潰瘍から毒素を取り除くと報告されています。



【スプレーボトルや噴霧器に入れて】

●ペット用のノミ・ダニ忌避用として

ペットについたノミ・ダニを駆除する効果も認められています。ニームは天然100%の材料ですから生成分解があり環境を汚すことなく害虫を抑えます。
ペットの散歩の前後に活生きニーム乾燥葉の煮出した抽出液をスプレーボトルなどでスプレーしてくだいさい。

シャンプーした後、リンスとしてもお使いになれます。(お好みで精油を数滴加えてお使いいただくと気分もリフレッシュします。)


●蚊かどを寄せ付けない虫除け用・虫刺されのかゆみ止め・草負けのお手入れ用として

直接肌につけたりすることで虫が寄り付きにくくなり(長時間の効果は期待できませんがそれなりの間隔でスプレーするのをお勧めします)水虫・蚊・ダニなど虫刺されや草まけなど、肌のかさつき、さまざまなかゆみなども治まります。抽出液を小さなスプレーボトルに入れると携帯に便利です。 また、「活生きニーム粉末茶」を薄くといて塗っても効果が期待できます。(お肌に合わない場合はご使用をお控えください)

【ティーバッグをそのまま利用して】

●入浴時や水虫のお手入れ用として

ニームにはお肌に優しい成分がふくまれており、アーユルヴェーダ(伝承医療)では、昔から産湯や入浴剤として煎じたニームの葉を入れて入浴する習慣があります。沸騰させた1000ccの湯の中にティーバッグ1〜2包を入れ弱火で5〜10分程度煮出してください。煮出した抽出液を浴槽に入れお湯と混ぜてください。または、乾燥葉のテーバッグ(5g)をそのまま浴槽に1〜2包入れても大丈夫です。(お肌に合わない場合はご使用をおやめ下さい。)
※水虫などのお手入れに洗面器などの容器に上記の要領で作った濃いニーム液を足に浸かるくらい入れ足を暫く浸します。個人差がありますが毎日繰り返し3〜4日程度で痒みが治まるとお声を頂いています。靴を脱いだ後、靴の中に乾燥葉ティーバッグを1包入れて保管したり、日中は小スプレーボトルに入れた濃いニーム液(防腐剤が入っていないので日持ちしません)を痒みにスプレーしても効果的です。


●ゴキブリや蜘蛛の巣などの忌避剤として

ニーム乾燥葉を、米びつや貯蔵庫に入れておいても害虫が寄り付かないと言われています。クローゼットなどに入れると衣服を虫から守り、またゴキブリや蜘蛛の巣の発生を抑制すると実証されています。台所や食器棚にも安心してお使いになれます。


●土壌改良剤として

ニーム葉を鉢や植物の土に混ぜると植物にとって有益な成分が豊富で有害な線虫を死滅させ、窒素を土壌中に 保ち、害虫から植物を保護します。(土の表面に撒くのも効果的です)

二―ム乾燥葉・抽出液の作り方と植物への散布方法

@ 沸騰させた1000ccの湯の中にティーパック1包を入れ弱火で5〜10分程度煮出してください。
A 1〜5倍程度に薄めた煮出した液をスプレーボトルや噴霧器などでご使用ください。(状況に応じて濃度は調整してください。)
 植物への散布1日1〜2回、紫外線を避け夕方・または朝に散布してください。 最初は3日ぐらい続けて散布し、その後は様子をみながら3〜5日程度の間隔で植物全体がまんべんなく湿るぐらい散布してください。(葉の裏は入念に散布)残ったニーム乾燥葉液は紫外線を避けて冷蔵庫で保管してください。または、植物の土に撒いたり、お風呂に入れていただいても良いです。

ニーム乾燥葉液の散布とその効果

アブラムシのついたダイコン葉へニーム乾燥葉液を散布



散布前(アブラムシべったり・・・) →  散布後3日め 

 散布前(アブラムシべったり・・・)  →  散布後3日め 



健康茶

ニーム茶飲み方

ニームかごしま

〒890-0069
鹿児島市南郡元町22番11号

TEL 099-298-1150
FAX 099-298-1080


代表 三宅正修 ・ 和子

健康にも環境にも優しいニーム。
この素晴らしいニームの普及に微力
ながら力を注いでいきたいと思います。